Q&A

4Cとは何のことですか?
専門家がダイヤモンドの特徴を比較し、価値を厳密に定めたもので、ダイヤモンド品質を評価する国際基準のことです。

色(カラー color)、透明度(クラリティ clarity)、重さ(
カラット carat)、研磨(カット cut)の4点から評価したもの。それぞれの頭文字をとって4Cと呼ばれている。

カットされた宝飾用ダイヤモンドの価値は、これら4Cで決まります。

一般的に4Cでグレードが上がると、稀少性が高くなるとされていますが、価値を比較する時に、4つのCのグレードの違いによりその価格は様々に変わってきます。4Cの各要素とグレードを知ることは、ダイヤモンドを選ぶ上での手助けになります。

カラーとは?
一見透明に見えるダイヤモンド。

しかし実は、無色透明ではなく、微かに色がついているものが殆どなので、それだけに無色透明なものほど高く評価されるのです。

ダイヤモンドの色が黄色に近くなればなる程、希少性が下がります。

ただ、ある一程の黄色味を超えると、ファンシーカラーという別の評価がなされ、全く別の基準でグレーディングされます。ファンシーカラーは他にも赤、ピンク、青、緑があります。

透明度の高い順に、D、E、F、G、H、I、J、K、L、M、N~ZとなりZに近くなるほど黄色に限りなく近くなります。










クラリティーとは?
ダイヤモンドの透明度を表す基準のこと。

キズ、欠け、内包物(インクルージョン)の大きさ・場所・性質などを鑑定して評価が決まります。キズや包有物が多いと透明度が下がるので、キズや包有物がないほうが透明度が高く、評価が高くなります。

グレードの高い順に、FL、IF、VVS、VS、SI、
Iと表記されます。

ちなみにFLだと「
10倍の拡大で無傷」、Iだと「肉眼で容易に発見できる」という判断基準です。
カラットとは?
よくある勘違いですが、カラットは、「大きさ」ではなく「重さ」を表す単位のことです。
1カラットは、0.2グラムのことで、ご存知のとおり重くなればなるほど価値が高くなります。

カラットは、「~ct」と表示され、1ct0.200gです。

精密な計測が可能な電子デジタルの天秤を用いて1000分の1カラットまで正確に測定し、少数点以下第3位を8捨9入、もしくは少数点以下の第3位まで表示します。

ダイヤモンド原石の多くは1ct未満の小さなものばかりであるため、大粒の原石は、とても稀少です。
カットして加工すると更に小さくなることも考えると、粒が大きければ大きいほど、ダイヤモンドの価値は上がっていくのです。
カットとは?
ダイヤモンドは、カットの仕方や角度が良くないと、十分な輝きを得られません。

上の3つ要素は、ダイヤモンドが生まれつき持つものであることに対し、カットは人の手で加えられる要素となります。

よって、それぞれの職人の技によって、そのダイヤモンドが持つ良さを引き出し、どの程度の輝きを得られるかが決まります。

Excellent光学的に理想的であり、最上級品
VeryGood理想的な上級品
Good…良好
・Fair…やや劣る
・Poor…劣る

店長からのご挨拶

ご来店ありがとうございます。
店長の風間です。

当店はダイヤモンドアクセサリーの専門通販ショップです。

ダイヤモンドのネックレス、ペンダント、ピアスをメーカー直接仕入れの特別価格でご提供しております。

男性なら奥様へのプレゼントとして、女性なら、ご自分へのご褒美、入学式・卒業式のアクセサリーとしてピッタリのダイヤモンド。

どうぞごゆっくりとご覧下さいませ。

カートに入れる

商品検索

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」