ダイヤモンドの鑑定書と鑑別書

Q&A

鑑定書と鑑別書は同じものですか?
いいえ、別物です。
鑑定書とは何ですか?
鑑定書とは、天然ダイヤモンドが、裸石(ルース)の状態でどのような品質かを検査して、計測した結果によってランク付けしたレポートのことです。

主な検査項目は…カットの種類、寸法、カラット数、カラー、クラリティーなど。

いわゆる4C(カラット、カット、クラリティー、カラー)のことです。
鑑別書とは何ですか?
ダイヤモンドなどの石の正式名称、鉱物としての性質(透明度・屈折率等)などのレポートで、単に、どのような石かという内容のものであり、ランク付けをする意味合いの書類ではありません。
鑑別書と鑑定書の大切なことは何ですか?
最も重要なことは、信頼できる機関が発行したものである事です。

例えば、現在世界的に最も信頼性の高い機関であるのがアメリカ宝石学会(G.I.A)とイギリス宝石学会(F.G.A)の2つです。

日本では、次の3つが有名。

・中央宝石研究所(中宝研、またはCGL)…中宝研は日本国内でのダイヤモンドのグレーディングシェアが最も多いと言われる鑑定機関。

・全国宝石学協会(全宝協、またはGAAJ)…国内トップクラスのカラーストーンの鑑別機関。

・AGTジェムラボラトリー…日本宝石鑑別協会の子会社。カラーダイヤの色の判定に定評がある。

ダイヤモンドは鑑定書の中の4Cによってダイヤの財産的価値や販売価格が決まります。よって信頼できる機関であるということが重要です。

他には、宝石鑑別団体協議会(A.G.L)などが安心です。

A.G.L…宝石業界の健全な発展と消費者保護に貢献することを目的とする組織です。
鑑定・鑑別を主要業務とする法人または個人が集まって、各種課題の協議や、研究、情報交換などを行う組織です。
鑑別書や鑑定書は絶対に必要なものですか?
必ずしも付いていなければならないというものではありません。
むしろ、付けることによって、書類作成代金が上乗せになって販売されます。

また、鑑定書や鑑別書が付属でないダイヤモンドを買った場合は後から、お店などを通じて依頼し、1万円前後の手数料を支払えば、鑑定・鑑別してもらえます。

店長からのご挨拶

ご来店ありがとうございます。
店長の風間です。

当店はダイヤモンドアクセサリーの専門通販ショップです。

ダイヤモンドのネックレス、ペンダント、ピアスをメーカー直接仕入れの特別価格でご提供しております。

男性なら奥様へのプレゼントとして、女性なら、ご自分へのご褒美、入学式・卒業式のアクセサリーとしてピッタリのダイヤモンド。

どうぞごゆっくりとご覧下さいませ。

カートに入れる

商品検索

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」